中野区では、平成29年度から中学年でも年間20時間の外国語活動が先行実施されることとなりました。また、平成30年度から高学年は外国語活動を年間50時間行うこととなり、平成32年度には高学年において英語が教科化され、年間70時間、中学年では「英語に慣れ親しむ活動」が年間35時間行われます。
 平成29年度からは、教員が自信をもって外国語活動の授業を進められるように、指導法や簡単なクラスルームイングリッシュ等の研修を取り入れた校内研究を行っています。
 平成29年度に取り組んでいる研究および研修内容について、ご紹介いたします。


        Let's say “Hello”! ~コミュニケーションを楽しむ外国語活動の授業づくり~


 








研究の概要(PDF)
・研究主題設定の理由
・研究の仮説
・今年度の研究・研修


研究構想図(PDF)


研究計画と実践(PDF)